So-net無料ブログ作成
検索選択

【B’z・松本孝弘】11th Album 「enigma」感想 [B’z]

今年はB’zさんのソロYear
TAK MATSUMOTOこと松本さんのソロライブツアーThe Voyageが開催中です。
だいぶ聴き込めてきたので、最新作品「enigma」の感想を書いていきたいと思います。






今回のアルバム「enigma」は、久々にロック全開のインスト作品です。
グラミー賞受賞作品「Take your pick」、前作「New Horizon」とジャズ色の強い作品が続いた中で、今回はどんなテイストのアルバムになるのか楽しみだったのですが、ジャズからロックに回帰して、より深みを増した素晴らしい作品になっていると感じました。
私は初回限定盤のBlu-ray同梱版を購入しましたが、2014年に行われたBLUE NOTE TOKYOのライブ映像が収録されており、こちらは少人数ライブらしい雰囲気で楽しく観ることができました。


以下、曲毎の感想です。

1.enigma
TAKお得意の少し東洋風の旋律と神秘的なメロディーが印象的なアルバムタイトル曲。
これから始まるアルバムへの期待感を掻き立てる一曲となっています。
ライブのオープニング曲かどうかはまだわかりませんが(ネタバレレポ読んでいないので)確実に盛り上がることは間違いないでしょう。

2.Vermillion Palace
TBS系番組「世界遺産」のテーマ曲。
明るく爽やかな一曲に仕上がっています。
シングルカットされそうなイメージです(「西辺来龍~DRAGON FROM THE WEST」でいう「SACRED FIELD」のような感じ)

3.Step to Heaven
哀愁漂うギターの音色がたまりません。
途中のキーボードの旋律も素敵です。
大人の一曲ですね。個人的にはとても好きな曲です。

4.Ups and Downs
最初のSEといいゴリゴリなロック感といい、記念すべき1st Album「Thousand Wave」を思わせるような作品です。
年齢を重ねて、またこんな曲を書くことのできる松本さんは本当に素晴らしい。
懐かしさの中に隠れた攻めの姿勢に非常に感銘を受けました。

5.Rock The Rock
Rockと銘打ちながら、中盤の金管楽器の暴れっぷりが非常に気持ち良い作品です。
こういう曲を聴くと、ジャズの世界を経てより一層松本さんの懐が広く深くなったように感じますね。
その後のギターソロも最高で、聴きどころ盛り沢山な一曲です。

6.Drifting
水の流れるSEから始まる曲は、ストリングスと合わさった穏やかでいて壮大な一曲となっています。
一旦中盤で落ち着いた後再度盛り上がる展開もドラマチックで良いです。

7.The Voyage
ツアータイトル曲。
落ち着いて少し暗めにすら感じるメロディーから展開する曲の世界観が圧巻です。
「華」を初めて聴いた時のような気持ちになります。

8.Hopes
タイトル通り希望に満ちた明るく爽やかなボーカル曲です。
朝に聴くと、その日一日頑張れそう笑
この曲のボーカル前のアルペジオを聴くと、つくづく松本さんの書く曲が好きなんだなと思わされます。
とても綺麗な一曲です。

9.Under The Sun
Driftingよりささやかな水音から始まるボーカル曲です。
私は松本さんのインストの中でも「Thousand Wave」に収録されているバージョンの「99」がとても好きなのですが、それはギターが歌うようにメロディーを奏でているからです。
この曲もそれに繋がるところがあり、非常にお気に入りの曲です。

10.Dream Drive
骨太なイントロから一転、繊細な音運びとなったり、またロックな展開に戻ったり・・・飽きさせない展開が魅力的な一曲です。
楽しそうに唸りまくるギターがたまりません。

11.The Rock Show
まるでLIVE-GYMに来たかのような一曲です。
速弾きから重厚なメロディーから色々楽しめる贅沢な曲に仕上がっています。

12.Roppongi Noise
ご当地曲シリーズです。
六本木の夜の静かでミステリアスなイメージを見事に表しています。

13.Mystic Journey
美しいメロディーで正に旅情を感じさせるような一曲となっています。
穏やかで明るいエネルギーに満ち溢れた作品です。

14.enigma ~epilogue~
アルバムを締め括る一曲です。
FRIENDSにいつかのメリークリスマスのRepriseが収録されたように、ラストに別バージョンの代表曲が収録されるのも懐かしいですね。

15.#1090 ~Million Dreams~ 正にボーナストラックと呼ぶべき作品。 久々のオリジナルテンポの#1090が聴けるのはとても嬉しいですね。 最後はスローテンポになって千夢一夜バージョンと二度楽しめます。 以上、一曲ずつ感想を書いてきましたが、本当に心からワクワクして聴ける良質なインストアルバムだと思います。 松本さんFAN・B'z FAN以外の方にも、是非聴いて頂きたいです。 武道館ライブでは過去の名曲も演奏して下さるそうで、今から楽しみに待ちたいと思います。

関連記事 【B’z・松本孝弘】enigma初回限定盤Blu-ray感想 【B'z・稲葉浩志】5th Single「羽」感想 【B'z・稲葉浩志】羽 初回限定盤Blu-ray感想

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。